東京国際映画祭

【東京国際映画祭とは】
日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭
第31回を迎える東京国際映画祭(以下 TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟*公認の国際映画祭です。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供します。
*国際映画製作者連盟:世界の映画産業、国際映画祭の諸問題を改善し、検討する国際機関。パリに本部を置き、世界 31 ヵ国(2018年9月現在)が加盟している。

【開催概要】
名称 第31回東京国際映画祭
主催 公益財団法人ユニジャパン(第31回東京国際映画祭実行委員会)
共催 経済産業省(TIFFプラス)
国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
期間 2018年10月25日(木)~ 11月3日(土・祝)[10日間]
開催会場 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか 都内の各劇場及び施設・ホールを使用
後援
総務省/外務省/観光庁/港区/
独立行政法人日本貿易振興機構/国立映画アーカイブ/
公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団/
一般社団法人日本経済団体連合会/東京商工会議所/
一般社団法人日本映画製作者連盟/一般社団法人映画産業団体連合会/
一般社団法人外国映画輸入配給協会/
モーション・ピクチャー・アソシエーション(MPA)/
全国興行生活衛生同業組合連合会/東京都興行生活衛生同業組合/
特定非営利活動法人映像産業振興機構/一般社団法人日本映像ソフト協会/
一般財団法人角川文化振興財団/一般財団法人デジタルコンテンツ協会/
一般社団法人デジタルメディア協会

関連記事

  1. 脳卒中フェスティバル